岡山市北区のくませ眼科ロゴマーク アクセス・診療時間
086–250-0305

〒701-1202 岡山市北区楢津66番1

CONTACT

初めて来院される患者へ
インターネット初診受付サービス

受付はこちら

お電話でも受け付けています。

086-250-0305

その他の強み

緑内障診療

?

緑内障とは

What’s Glaucoma?

緑内障とは本来眼圧が高くなることによって、視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなったり、部分的に見えなくなったりする病気です。ただし眼圧が正常範囲の人でも、緑内障が起こることがあって、「正常眼圧緑内障」と呼ばれ、日本人に一番多いタイプです。わが国で行われた緑内障の疫学調査の結果、40歳以上の人口のうち緑内障患者は5.0%、20人に1人の割合でした。1度失ってしまった視力や視野は、薬や手術によっても回復することはありません。そのため、早期発見と適正な治療によって、視野障害や視力障害の進行をできるだけ抑えることが大切です。

[ 見え方の変化(右眼のみを示す) ]

初期

中期

末期

OCTの普及によりそれまで難しかった緑内障の早期診断が日常化してきました。緑内障に よる黄斑部の障害は、進行した緑内障にしか生じないと考えられていましたが、近年、緑 内障早期にも黄斑部障害による中心視野障害が生じることが明らかとなりました。

早期発見・早期治療を可能にする先端技術

当院では、次世代OCTであるSwept Sourceテクノロジーを搭載したを TopconのDRI OCT Tritonのワイドスキャン撮影による 緑内障Hoodレポートを用いて、緑内障による視神経乳頭部と黄斑部のダメージを把握します。自動視野計のゴールドスタンダードであるCarlZeissのハンフリー視野計の検査結果と丁寧に見比べて、極早期緑内障(前視野緑内障) や早期緑内障から迅速に正確に診断できるように努めます。

検査精度を保持しながらも、より早い視野検査を可能としたSITA Faster、特に近年の緑内障診療のパラダイムシフトを踏まえ、より詳細な中心視野検査を可能とするSITA Faster 24-2Cを積極的に使用し、緑内障の早期診断に努めます。

緑内障診療においては、前視野緑内障という極早期から生涯にわたって緑内障患者様の視覚の質の維持に努めていくことでが、かかりつけ眼科として 大切なことであると考えます。

24-2では捉えられない中心視野の感度低下を24-2Cで鋭敏に捉えることが出来ることがあります。

緑内障Hoodレポートを用いて、構造的な変化と対応することを確認します。

マイボーム腺機能不全診療

?

マイボーム腺機能不全とは

What’s meibomian gland dysfunction?

涙液層は、油層と水・ムチン層の2層からなります。マイボーム腺から分泌される油層は涙液の表面にあり、涙の水分蒸発を抑えて正常な涙液層を維持させる働きをしています。このマイボーム腺の機能がなんらかの原因で低下してしまう病気を、マイボーム腺機能不全といい、マイボーム腺が減少する場合があります。マイボーム機能不全はドライアイ症状の主要な原因であるとわかっています。

[ 正常なマイボーム腺 ]

[ 機能不全患者のマイボーム腺 ]

正常な人に比べ、腺機能不全者のマイボーム腺(白い線)は減少してしまっている。

これまで、マイボーム腺はまぶたの中にあるため、従来の細隙灯顕微鏡では、なかなか簡単にマイボーム腺の観察ができず、マイボーム腺機能不全の早期発見は不可能でした。当院では、近赤外線を用いて非侵襲的にマイボーム腺の形態を観察できるTopconの細隙灯顕微鏡SL-D701を用いたマイボグラフィを導入しました。新しいドライアイ診療の考え方に基づき、眼表面を層別に診断(TFOD:Tear Film Oriented Diagnosis)・治療(TFOT:Tear Film Oriented Therapy)するためにも、マイボーム腺の形態観察は重要であると考えます。

マイボーム腺機能不全は慢性の進行性疾患であるため、生涯にわたり、継続的なケアが必要です。デジタルデバイス(パソコン、タブレット、スマホ)を長時間使用していたり、コンタクトレンズを装用していたり、白内障手術を受ける場合には、マイボーム腺機能不全に十分に注意を払う必要があります。

特に、高機能眼内レンズ(多焦点眼内レンズ、乱視矯正眼内レンズ)を用いた白内障手術を検討されている場合には、術前にマイボーム腺機能不全を早期発見・早期治療をしておくことが大切です。高機能眼内レンズを用いた白内障手術の術後の上質な見え方を実現するために、涙液層の質(tear film quality)は最も重要な因子である考えられています。マイボーム腺機能不全は涙液層の質(tear film quality)を低下させ、見え方の質(quality of vision)に影響するためです。術前には症状のないマイボーム腺機能不全でも、術後に症状が出現することが多く、高機能眼内レンズの術後の見え方に影響してきます。また、無治療のドライアイは眼内レンズの度数の決定に関わる術前生体計測値に影響し、術後屈折誤差を生じることがあります。

より詳しく知りたい方はこちらから

マイボーム腺機能不全について

ドライアイについて

アプリでドライアイ診断

ドライアイリズム

訪問診療

クラウド型電子カルテの導入

クラウド型電子カルテCLIPLAEyeを導入しており、データがネット上にあるので、通信環境の整った場所であれば、往診先でも普段通り電子カルテを使用することが可能です。
訪問診療をご希望の際は、まずはお電話にてお問い合わせください。

女性医師による診療

女性医師だからこそできる
共感やアドバイス

男性医師では緊張したり、少し抵抗のある女性の患者様や小さなお子様も安心して気軽にご来院いただけます。

施設・設備紹介

01 待合室

ウッド調の壁面が空間を優しく包む、カウンター席も備えた伸びやかな待合室です。お気に入りの場所でゆったりとお過ごしください。

02 受付

受付カウンターは清潔感のあるホワイトを基調とし、患者さまのご対応がスムーズにおこなえる大きなカウンターとしました。

03 明室検査室

先進の検査機器はすべて電子カルテとつながり、常に診察室と情報を共有しています。また検査の合間にご利用いただく中待合スペースもゆったりとお使いいただけます。

04 暗室検査室

先進の検査機器をゆとりを持って配置し、より精度の高い検査を行います。

05 検査室

コンタクトコーナーは落ち着ける場所に配置していますので、人目を気にせず装着していただけます。

06 診察室

紺色をアクセントカラーとした爽やかな診察室です。患者さんが快適に診察を受けていただけるよう、診察は2診体制でおこないます。

07 手術室

先進的な機器はもちろん、手術室内は北欧ブルーを基調とし患者さんに安心・リラックスしていただけるた空間としています。

08 リカバリールーム

落ち着いた空間で、手術の直前・直後の時間をお過ごしいただけます。最高級のリクライニングソファでおくつろぎください。

09 カウンセリングルーム

カウンセリングルームは患者さんのプライバシーが守れるよう完全個室です。窓からはいる日の光で、圧迫感のないリラックスできる空間になっています。

10 スタッフルーム

スタッフが患者さんに最良のサービスを提供出来るよう、スタッフルームの環境にも気を配っています。

11 外観

遠くからでも目につきやすい個性的な外観デザインとしました。外から待合室や受付の様子も見ることができ、安心してご来院いただけます。

12 エントランス

患者さんが入り口までスムーズにお越し頂けるよう、自動ドアに大きなロゴマークを取り付けております。